20代からの地方起業

20代で東京から地方に移住して起業しました。店舗、通販、ブログやってます。

スポンサーリンク

Apple Watchの神アプリは深呼吸だった!?深呼吸アプリがある理由と使い方を徹底解説

Apple Watchを購入してから、たまに深呼吸を促される機能があるのはご存じでしょうか?

私は深呼吸機能の存在は勝手に促してくるので知っていました、この深呼吸には想像以上の効果があるのは知りませんでした。

 

 以前アップルウォッチを使って3ヶ月が経ったレビューを書いているので、買おうかどうか迷っている方は参考にしてみて下さい。

www.20daikigyou.com

 

 

呼吸が浅いと色々な弊害が起こる

実は呼吸は私たちが想像している以上に大事な行為で、ストレスを感じたときや、口呼吸をしている人などは呼吸が気づかないうちに少なくなったり浅くなる傾向があります。

呼吸が浅くなってしまうと、色々な弊害が起こってしまい、体に悪影響を及ぼします。

 

呼吸が浅く起こる弊害

  • 鬱っぽい
  • 疲れやすい
  • イライラする
  • 冷え性

 

私も仕事で忙しい時に疲労のせいか少しやる気がない日が続いていて、やる気が出なかったり疲れやすいと感じた時に、ふとApple Watchの深呼吸機能を使って1分ほど深呼吸をしたら、なんだかスッキリした気分になりました。

 

上に書いたような症状に悩まされている方は、深呼吸アプリを使って見ると変化があるかもしれません。

 

深呼吸アプリはマインドルフネスのことだった

この深呼吸アプリを使えば、マインドフルネスを実践しているということと同じ意味になります。

ヘルスケアアプリにマインドフルネスに下の記載がありました。

f:id:yukikkoro:20170703165807j:plain

マインドフルネスとは、過去でも未来でもなく今現在の時間に、活動的・開放的に注目する状態のことです。この状態のとき、自分の思考や感情を、良し悪しを判断することなく、遠くから客観視できます。マインドフルネスとは、人生を無為に過ごす代わりに、今この時間に生き、体験することに目覚めるということなのです。

 

少し抽象的ですが、今自分が生きているということを意識的に感じることで、ストレスなどから開放されるということなのでしょう。

 

リラックス効果

公式でも記載があるのがリラックス効果です。

緊張した時に深呼吸をすると体に十分な酸素が取り込まれるので、リラックス効果があります。

緊張すると呼吸が浅くなったりするので、緊張をしたときにこそ深呼吸アプリを使ってリラックスをすることができます。

 

イライラした時や疲れた時は、もしかすると体の酸素が足りていないのかもしれません。

 

集中力アップ

脳に十分な酸素が取り込まれることによって、頭が冴えるような感覚になります。

勉強中や仕事中など、集中力を発揮したいポイントというのは日常でも多いと思います。

 

深呼吸アプリを使えば、これらの効果を自然と体に身につけることができます。

カフェインなどを使って無理に眠気覚ましや集中力をアップさせるよりも、自分の持っている力だけでこれらの効果を得るほうが体にも優しいです。

 

深呼吸アプリを使えば普段の呼吸を意識するようになる

アップルウォッチを買っても、最初は深呼吸アプリを使っていませんでしたが、深呼吸アプリを使い始めてからは、日頃からの鼻呼吸や呼吸の深さを意識するようになりました。

意識をしないと口呼吸になってしまい、どうしても酸素を取り込む量がすくなってしまうようです。

 

呼吸が人間にとってこれほどまでに大事なんだと思い知らされました。

 

アップルウォッチの呼吸アプリの使い方

5時間に一度深呼吸を自動的に促してくれますが、自発的に深呼吸アプリを使う方法もあります。

 

まずホーム画面を出してクネッとした矢印のアプリが呼吸アプリです。

アプリの位置は人それぞれなので、ホーム画面から探し出してください。

 

アプリを押すとこのような下の画面がが表示され、アップルウォッチ本体の横についているボタン(デジタルクラウン)を回すことで1分~5分までの長さで深呼吸をすることができます。

f:id:yukikkoro:20170703160036j:plain

 

下の画像は少し読みにくいですが、開始を押した直後の表示画面です。

「静かに、自分の呼吸に意識を向けましょう。」と表示がされ、呼吸を意識するように促されます。

 

f:id:yukikkoro:20170703155914j:plain

 

「息を吸って…」と表示され、アップルウォッチが振動して呼吸をする長さを教えてくれます。

振動をしている間はずっと息を吸い続けるようにします。

f:id:yukikkoro:20170703155910j:plain

 

振動が止まると息を吐く動作になります。

次の振動が起こるまで息をしっかり吐き続けます。

 

そして、振動が始まったら息を吸って、止まったら息を吐いてを繰り返します。

これを指定した1分~5分の長さで深呼吸を繰り返していきます。

f:id:yukikkoro:20170703161404j:plain

 

終わると下の画面が表示されます。

もう1回繰り返し深呼吸ができるボタンがあるので、「深呼吸が足りない!」という人は、満足行くくまで深呼吸ができます。

f:id:yukikkoro:20170703160027j:plain

時間や深呼吸回数などはカスタマイズできる

 iPhoneのアップルウォッチ設定アプリの呼吸アプリの設定から、呼吸リマインダーの時間や呼吸の頻度などの変更が可能です。

 

 

f:id:yukikkoro:20170703202648j:plain

 

デフォルトの設定だと下記のような設定になっていると思います。

この画面から設定を色々と変更することができます。 

f:id:yukikkoro:20170703171643p:plain

 

呼吸リマインダー ・・・5時間ごと

呼吸の頻度    ・・・7呼吸/分

触覚       ・・・はっきり

前回の継続    ・・・OFF

 

好みの時間や呼吸の回数などに変更をして、より深いマインドフルネスに浸ってみてみるのもいいと思います。 

 

深呼吸回数の確認方法

iPhoneのヘルスケアアプリを使えば、深呼吸をした回数や時間などを確認することができます。

ヘルスケアアプリはプリインストールされている、アップルのアプリなのでどこかにあると思います。

 

下の画像だと、真ん中のハートのアプリがヘルスケアプリです。

f:id:yukikkoro:20170703170425p:plain

 

下の画像の一番右上の「マインドフルネス」をタップすると、マインドフルネス時間が分かります。

今までどのくらいのマインドフルネスの時間を取っているのか振り返ることもできます。

f:id:yukikkoro:20170703170546p:plain

 

 

1日3回3分の深呼吸を3週間継続した結果

深呼吸は疲労を感じたときや、集中力をアップさせたいときに意識的に深呼吸機能を使いました。

平均で1日3回3分を3週間継続したら、やる気がないということが少なくなり、気分も前向きになりました。

そこまで劇的な変化は少ないですが、それでも気持ちの部分で変化があったのを発見できて良かったです。

 

私はアップルウオッチアプリの中で、この深呼吸アプリは神アプリだとオススメできる機能です。

アップルウオッチを持っている人は、日頃からマインドフルネスの時間に当てる時間を少し作ってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク