20代からの地方起業

20代で東京から地方に移住して起業しました。店舗、通販、ブログやってます。

スポンサーリンク

仕事用の携帯電話はiphone+DMMモバイルで圧倒的コスト削減が可能!

携帯電話はドコモやauなどの大手キャリアを選んで仕事用の携帯電話にしていることが多いと思います。

ただ、大手キャリアは電話をあまりしなくても、5,000円〜8,000円は掛かってくると思います。

 

iphone+格安SIMにすれば1台の月々の支払いが1,500円前後で抑えることもでき、電話もあましない人も、電話は短い時間だけど頻繁にする人は絶対的に乗り換えることをオススメします。

 

 

 

ドコモのiphoneを持っていればすぐに切替可能

格安SIMの大半がドコモ回線を使用しているので、auやSoftBankのiphoneだとSIMロックが掛かっているので、大半の格安SIMを使うことができません。

ドコモのiphoneはSIMロックが掛かっていても、ドコモ回線を使うので問題なく格安SIMを使うことができます。

 

最近は手数料を支払えば、SIMロックを解除することも出来るようになり、比較的他社に乗り換えるハードルは下がってきました。

 

最初からどのキャリアでも使えるSIMフリーのiphoneも販売されていて、私はSIMフリーのiphone6SとDMMモバイルを組み合わせて使用しています。

SIMフリーのiphoneならドコモ回線の格安SIMからauの格安SIMに乗り換えることも可能です。

 

iPhoneは使わなくなっても、高く売却することも可能なので、トータルコストがAndroidなどと比べても割高に感じることはないと思います。

2世代前のiPhoneでも、人気があるので2万〜3万ほどではオークションで買い手がつきます。

 

iPhoneが無くても大丈夫

DMMモバイルでのAndroidの取扱端末もあり、iPhoneを持っていなくてもDMMモバイルへの乗り換えは可能です。

キャンペーンも行っているので、最新の端末が割安で買うこともできます。

 

大手キャリアから格安SIMへの乗り換えは簡単

現在契約しているキャリアにMNPの手続きをして、予約番号取得後にDMMモバイルで手続きをするだけです。

私は、番号取得後は10分ほどで申込が完了したので、手続きとしてはそれほど難しくはなく、シンプルな手続内容になっていると思います。

 

ただ、注意をしたいのが、MNPの手続きが完了して、手元にSIMが届くまでは電話はもちろん、通信もWIFIでしかできません。

手続き完了後に行われる決済の翌日から3日以内に登録住所に発送するので、多少ゆとりが必要になります。

 

私の場合は申込を行って3日ほどで到着したので、それほど電話が使えないストレスを感じることはありませんでした。

 

DMMモバイルに乗換えてからトラブルは一切なし

ドコモ回線を使用しているので、ドコモのサービスエリアは全て利用可能になっており、通話品質なども全く問題ありません。

格安SIMに乗り換えにあたって、突然電話が繋がらなくる等のリスクが怖いと思っている方もいるかもしれませんが、今まで一度も通信が使えなくなったり、電話が繋がらなくなるといったことは一切ありませんでした。

 

そんなことがあれば大問題でニュースになるレベルの事故なので、その辺りは安心できます。

 

シェアプランで更にコスト削減

1つの契約で最大3枚のSIM増やすことができ、その3枚に1GB〜20GBまでのデータプランがあり、データをシェアすることができます。

8GB以上のプランだと追加SIMの料金も掛からないので、3台DMMモバイルので通話プランにすると、通話料金は別ですが1台1,360円で契約することができます。

 

大手キャリアで1台分の半分ほどで3台契約ができるとなると、コスト削減額がかなり大きいものになると思います。

 

オプションで5分かけ放題が追加できる

よく電話を掛ける方も、大半は5分以内で終わる通話が多いと思います。

その場合は、850円で5分かけ放題を追加することできるので、短い時間で何度も電話する方にもオススメです。

 

その際、DMMトークアプリを利用する必要がありますが、5分を過ぎても10円/30秒の割安で通話が可能です。

 

アプリで通信残量の確認ができる

f:id:yukikkoro:20170624221146p:plain

無料アプリでデータの残量や、追加でデータの購入も簡単にできます。

高速通信のON、OFFの切り替えもでき、OFFにしておけばデータ残量が減ることはありません。

DMMモバイルを使用する場合は、必須アプリになると思います。

 

データの残量も繰越できる

私の場合、自宅も職場もWIFIで使用しているので、一番安い1GBの通話プランにしています。

1GBでも余ることが多く、翌月に余った残量を繰り越すことができます。

 

 先程の画像で、1.25GB残量がありますが、月末での残量で毎月1GBは使い切れないので、翌月にデータ残量を繰り越しができます。

データが繰り越せる上限は契約プランの倍までなので、私の場合は最大で2GBまでの繰越になります。

 

支払額の10%分のDMMポイントが貰える

DMMサービスに利用できるポイントが支払額の10%も毎月もらうことができます。

 

ポイントを使えるサービス

  • 動画
  • ゲーム
  • DVD/CDレンタル
  • 通販
  • 電子書籍

 

DMMのサービスを使っていない人でも、男性、女性向けの幅広い動画があり、ポイントの使い道は困らないかと思います。。。

大半の方のポイントの使い道は、動画になるのではないでしょうか。

 

ただ、携帯料金は安いので、多くても200〜300ポイントほどのポイントしかたまらないですが、期間限定で値下げをしているものもあるので、ギリギリポイントを消費できる動画もあります。

 

意外とこのポイント制度は、他社にはマネできない、DMMモバイルならではの圧倒的付加価値になっているのではないでしょうか。

 

DMMモバイルのメリットまとめ

  • 携帯料金のコスト削減
  • ドコモ回線なので安心
  • 5分かけ放題もオプションもあり 
  • 支払額の10%のDMMポイントが毎月貰える

 

DMMモバイル公式サイト

格安スマホなら!DMMモバイル

 

オススメの関連記事

 電力会社は自分で選べる時代になり、電気料金の削減も手軽にできるようになりました。

電気料金が高ければ高いほど、削減額も大きくなるのでメリットが大きく、電気料金が少なくても、確実に削減することは可能です。

www.20daikigyou.com

スポンサーリンク